続・加藤の乱

メンヘラ格闘家

最近読んだ本『アンソロジー カレーライス!!大盛り』杉山淳子・編

『アンソロジー カレーライス!!大盛り』杉山淳子・編

 

これはカレーライスに関するエッセイを44編収録した作品で、井上靖、内田百閒、中島らもよしもとばなな等のかなり著名な作家が並んでいる、僕は食べ物に関するエッセイのアンソロジーなんてまず読まないので(普通に本を読んでたら食べ物を主題にしたエッセイを読む機会はあるだろうけど)気になって購入たのだが、これがかなり面白かった。

 

なによりカレーライスを主題にしたのがいい、それは、カレーライスが非常に庶民的で家庭で作られることが多く、かつ各家庭が調理法についてそれぞれ意見を持っているというところにある。つまり、「うちでは隠し味に生クリームを入れるんだよ」ということを「我が家の秘伝」として温めておいて、うれしそうに話すところなどがカレーライスの持つ魅力であり、カレーライスについてのエッセイは単なるグルメという範囲にとどまらず、背後にそれぞれの生活が浮き彫りになり、グルメエッセイにさらなる広がりを持たせるのがいい。

 

これが寿司や牛同だったらすしろーだのすき家だの馬鹿みたいな話か、それこそ「どこそこにこんないい店があって」というグルメらしい話になるに決まっている。別にそれが悪いわけではない、そうではなく、カレーライスは庶民的で家庭で作られることが多いために、たんなるグルメにとどまらない特別な広がりを見せるということだ。

 

収録されてる作家がかなり古い作家が多いので、時代背景も当然古くなるのだが、エッセイとして劣るということはない、ただひとつ気になったのは、昭和の作家が多いため、家庭の話になるととんでもないDVエピソードが「懐かしい思い出」としてカレーと関連づけて書かれる話が2、3作あって辟易した、まあ全体的にそんな話はまずないので気にはならないが…。

 

逆に時代背景が古いことで、こんなことを知ることができる。現代ではまずないが、昔は「カレーライス」のことを「ライスカレー」と呼ぶ人が多かったらしく、本作品でも「カレーライスかライスカレーか」という現代人では馴染みの無い内容のエッセイも収録されている。それに当時はカレーの元を「カレールウ」として販売するのは一般的ではなく、「カレー粉」に「メリケン粉」を混ぜてとろみを出すというのが一般的だったようで、家庭によっては「メリケン粉」が変えなくて「うどん粉」だったりとか、欧米嫌いの母が「メリケン粉」を入れてくれなくてサラサラだったとか、そういう現代には無い話も聞くことができる。ちなみに「メリケン粉」というのは「小麦粉」であるが、当時の呼び方は「メリケン粉」で統一されていたらしく、「小麦粉」というワードはあまり出てこない。とにかく、現代のように洗練された「カレールウ」というのは存在せず、素っ気無いカレー粉をおいしくするために、各家庭でさまざまな努力がされたことはたしかだ、カレーライスは現代よりも各家庭で差があり、個性的だったのかもしれない。

 

資本主義は恒久的な闘争状態にあり、各企業を絶え間ない競争へと駆り立て、食品の質を向上させた、レトルトのカレーでさえその例外ではない、どんなつまらない動植物だって、絶滅するのには何千年の時間がかかる、ところが資本主義は、数年で地球から製品を抹消してしまう、資本主義が抹消したのは製品だけにとどまらず、それに付随する人の生活の多様性までも抹消している、ヘーゲルに言わせれば、近代が達成したのは、「主体性原理が、個人的特殊性の自己満足的極端において充足に達する」ことを許したことである。この原理は、自立した個々人がその私的欲求を満たすために自由市場経済の制度を通じて互いに関係しあえるような市民社会を可能にしたのである。企業は競争相手を蹴落とし、市民の個人的特殊性を満たす企業が独占する、しかし個人はすなわち労働者であり、市場経済の独占は雇用の喪失と労働者の阻害を招く、資本主義は生活を豊かにした、資本主義の判断基準は「それは有用か」という非常にシンプルなものであるからだ、だが、われわれの幸福度は本当に上昇したのだろうか?第五インターナショナル発足はそう遠くはないはずだ、民主主義は結局のところ衆愚政治であり多数決なのだから、暴力的な手段を持って政府転覆を図る以外に方法はない、今本当に望まれているのは自民党を市民が監視することでも政権交代でもない、革命である。カールマルクスの予言は、一度は嘲笑を持って迎えられたが、今日では真実味を持って迫ってきている、共産主義という亡霊が、革命を背後にチラつかせながら、いまかいまかと資本主義の転覆を図り待ち構えていることは、世界情勢を見れば明らかである。

 

 

 

ちなみに我が家のカレーライスの隠し味に生クリームととんかつソースとケチャップとしょうゆを入れる、具はたまねぎ、じゃがいも、にんじん、鶏肉、なす、かぼちゃが入っていて、なすとカボチャは必ず揚げておいて、カレーがしっかり煮詰まった後に入れる、我が家のカレーはかなりうまいほうだと思う、母親は来客には絶対カレーを食べさせたがるので、僕の家に来たら食べれます。