続・加藤の乱

メンヘラ格闘家

加門七海「美しい家」

今回はホラー短編集です、表題作の「美しい家」がよかったので結構期待しながら読んでたけど後半になってからつまらなくなってきた感があります(というか美しい家が一番面白い)

 

第一編 美しい家

これは表題作なだけあって面白かった、簡単に言えば過去の美しさと未来の不安と不確実さをテーマにした作品で、過去を記憶する家をそのオマージュにしているのがよい、最後は幻に取り込まれた青年と、現実を選んだ主人公の対比になるが、現実に戻ってきたからといってこれからの幸福を予感させず、相変わらず未来の不確実性を暗示させるのもいい。

 

第二編 迷い子

描写が馬鹿すぎて失敗してるとしか思えない作品、というか単純にこういう大げさなホラー描写を読んでしまうと笑ってしまうので嫌だ、この作品のテーマとやや被っている作品はこの短編集にも他に収録されてるが、「美しい家」「悪夢」のほうが好き

 

第三篇 シーボーン

よくあるホラー短編としてはよくできてると思う、ただこの作品を通して何か語っているかといわれたら微妙、最初にほのめかされてるように住み分けがテーマなんだとしたら、主人公の動機にも相反するようなものが欲しかったかもしれない、あとオチはちょっとウケた、物理的に殴れるのか。

 

第四編 悪夢

過去に執着せず、現在から未来に進むためには過去の執着を捨て清算しなければならない、というような作品で、「過去への執着が未来を阻む」ということの暗示が締め付ける指輪になっている、オチは割と好き、しょーもない恋愛劇はもっとなんとかしてほしかった。

 

第五編 幻の女

割としょーもない作品、女の恨みは怖いのよ!みたいな作品ですかねこれ、あっそ。

 

第六編 非毛氈の上

これもしょーもない、別にいい話が嫌いなのではなく、こういう作品の構成が嫌だ、わからないかもしれないけど朱川湊人の「いっぺんさん」のようなしょーもなさがある、がばいばあちゃん(激古)のようなベタさがある、別に内容も優れてない。

 

第七編 金ラベル

多分「子供の時には気付かないが、もっとも自由なのは大人でなく子供である」というような作品、読んでるときはわりと「ふーん」という気持ちで読んだが悪い作品ではないので、多分もう一度読んだらまた好きになるかもしれない。